社会保険労務士の難易度は?

先ほど、社会保険労務士は独立開業よりも、会社内で働く“勤務社会保険労務士”が多いといいました。保険や年金など社会保障制度の手続きは、どの会社でも必ずやらなくてはいけない業務なので、そのプロである
社会保険労務士は、会社にとって無くてはならない存在なのです。
ということは、社会保険労務士の資格を持っていると、就職・転職に有利で、リストラにあいにくいといえます。
そして今は、100年に1度の大不況。さらに複雑化する年金問題により、
いっそう、社会保険労務士の人気が高まっています。では、果たして、
社会保険労務士は誰でも合格できるような資格なのでしょうか?

答えはNO!です。社会保険労務士の難易度は非常に高く、過去10年間の
合格率はほぼ10%以下。合格者の標準学習時間は800時間以上とも
いわれています。計算すると1日2時間勉強して1年間。でも実際は、
1年間の勉強じゃ、合格は厳しいでしょう。法律初心者は最低でも2年は
かかるといわれています。社会保険労務士を目指すなら、それ相当の覚悟
のうえ、チャレンジしてください!

【私的!難易度の高い国家資格ランキング】

※合格率や標準学習時間、テキスト総数などを基にランキングにしました

第1位

旧司法試験・弁理士・司法書士

第2位

公認会計士・税理士

第3位

社会保険労務士・不動産鑑定士

第4位

行政書士

第5位

宅建

【LINK】
通信教育のフォーサイト
学習範囲の広い社労士。一人で合格できますか?満点を目指さない学習が合格への近道です!