社会保険労務士の仕事とは?

みなさんは、社会保険労務士の仕事内容を知っていますか?
弁護士や会計士ほど、有名な資格ではないし、どんな人がなってどんな
仕事をしているのか、詳しく知っている人は少ないはずです。

まず、社会保険労務士は会社内で働く、いわゆる勤務社会保険労務士
多いのが特徴です。その理由は、社会保険労務士の仕事内容にあります。
社会保険労務士の主な仕事は、

  1. 社会保険・労働保険の手続き代行
  2. 人事・労務コンサルティング
  3. 年金相談・請求

の3つ。この仕事は主に総務・人事部で行われる業務です。
ということから、社会保険労務士の資格を取得してから、会社に就職し、
総務・人事部に配属というコースや、元々総務・人事部で働いていて、
社会保険労務士の資格を取得というパターンが多いのです。
また、独立開業の場合は、主に中小企業などと契約をして、上記の業務を
行い報酬を貰います。
では、それぞれの仕事内容を詳しく見てみましょう。

①社会保険・労働保険の手続き代行

まずは、社会保険と労働保険について説明しますね。
〔社会保険〕国が管理している社会保険事業で、病気、ケガ、死亡
などが起きたときに、保険制度の加入者やその家族に対して保険給付を
行い、生活を保障する制度。主に組合健康保険や国民健康保険、介護保険などです。
また、社会保険は複数の保険や年金などの種類があり、これらすべてを
総称して「社会保険制度」というわけなのです。

〔労働保険〕労働保険とは、労災保険雇用保険をまとめた総称で、
労災保険は、業務や通勤災害による傷病等に対する補償で、雇用保険は
失業した場合の給付などを行う制度。労働保険は、法人・個人を問わず
労働者を1人でも雇っている事業主は、必ず加入することが法律で義務
付けられています。もちろんパート、アルバイトも含みます。

この2つの保険の手続きをします。新入社員や退職者があった場合、
すぐに健康保険や年金などの必要書類を作り、申請手続きをします。
保険料や積立金の額を決めるために、毎年行われる算定業務は重要な
仕事です。

②人事・労務コンサルティング

企業の実績アップに必要な人事や労務管理をプロの目で分析し、職場の
様々な問題に対し、適切なアドバイスを行います。
※業務の一例

〔雇用管理〕

●人材の募集・採用
●人事異動(配転・出向など)
●退職と解雇

〔就業管理〕

●労働時間
●有給・育児・介護休暇

〔人事管理〕

●人事評価制度
●目標管理・面談制度
●早期退職者優遇制度

〔賃金管理〕

●職能給や職務給
●賃金制度および退職金制度

③年金相談・請求

現在の年金制度は、新旧の制度が入り混じり、より複雑化しています。
社会保険労務士はその相談に応じるとともに、年金の種類や加入期間を
調べ、依頼人に替わって年金の請求を行います。

【LINK】
通信教育のフォーサイト
学習範囲の広い社労士。一人で合格できますか?満点を目指さない学習が合格への近道です!