社会保険労務士の試験制度とは? 

社会保険労務士の試験は、毎年新しい試験概要が発表されるたびに、ただちにそれに目を通す必要があります。
とはいうものの、毎年ほとんど変わっていません。
これからも当分の間、変化しないだろうと思えるところをざっと総括しておきます。

●社会保険労務士の試験日程
願書の流通する期間:4月中旬~5月末
願書の提出可能期間:4月中旬~5月末
受験票郵送開始日:8月前期~
試験日:8月後期の日曜日
合格発表:11月初旬

受験の申し込みは、遅くても5月末までにしないといけません。ということは勉強時間が、最低でも3ヶ月弱はとれるというわけです。
たったの3ヶ月弱で独学しようとする人は非常に少ないでしょうが、毎年いることはいるらしいですね。そんな短期では、通信や通学を使ってもひたすら合格は厳しいのですが。

●社会保険労務士の試験内容
択一式問題の試験時間:3時間30分程度
選択式問題の試験時間:1時間20分程度

●社会保険労務士の受験資格
これは正確に表記すると、きりがないです(途方もない文字量になります。ここにそれを転載したいとは思いません)。正確な情報に関しては、最新のガイドラインを確認してください。
アバウトにまとめるなら、
・学歴(大学を出ているか、特別な専門学校や専修学校を出ていること)
・職歴(特別な組合や法人に一定期間所属していたといった条件)
・資格歴(特別な国家資格試験に合格していること)

【LINK】
通信教育のフォーサイト
学習範囲の広い社労士。一人で合格できますか?満点を目指さない学習が合格への近道です!